少林寺拳法で護身術・がんばろう福島

アクセスカウンタ

zoom RSS 切返巻天秤 

<<   作成日時 : 2013/09/01 19:09  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


楊先生(少林寺・太極拳・カンフー等を研究した博士)による技

少林寺拳法でいう切返巻天秤 


少林寺拳法では肘関節を天秤にかけるだけですが、
楊先生は、上側から人差指にかけて閂を利かせながら巻天秤を掛けるので

閂の痛みと、肘の痛みがダブルできく。

これは、学ぶ価値があります。



切小手系の整理

少林寺拳法の下から手首を持つやり方だと、

切返小手に変化しやすいメリットがあります。


上から指を掴むやり方(大東流・合気道もこのやり方)


閂がかかりやすく、

閂がかかると切小手自体が非常に楽にかかるメリットがある。

切返巻天秤も 楽にかかる。






月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「切返巻天秤 」について
「切返巻天秤 」について 大石孝昭と申します。当年とって70歳になります。62歳から少林寺拳法をはじめ、二年ほど前にやっと初段となりました。次は2段を目指すわけですが、技をすぐに忘れるので昇段試験がいつのことになるやらわかりません。本当に、いろいろと難しい技があり、思うように進みません。私の自己紹介は下記のウエブサイトをご覧になってください。 http://www.eigo-perapera.jp/ ...続きを見る
Latin Rumba Tak
2014/07/06 18:49

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

リンク集

切返巻天秤  少林寺拳法で護身術・がんばろう福島/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる